久保田スラッガーのグラブの魅力

久保田スラッガーのグラブがプロ野球選手に人気の一番の理由はなんなのでしょうか?
最大の魅力はやはり「手作りであること」ではないでしょうか。久保田運道具店の専務取締役の江頭重利さんはグラブ作りの名人と知られ、数々の名選手のグラブを作ってきたそうです。江頭重利さんのところに弟子入りしに行く人もいるのだとか。工場で大量生産品が多い今、多少高価でも、本当に良いものを選ぶというのはとても重要だと思います。

また、久保田スラッガーのグラブは一般のグラブより少し革が薄く作られてるのだとか。一般の方からは手が痛いので使いづらいという意見もあるようですが、捕球の基本が出来ていれば痛いと感じることもないそうで、逆に一般の厚いグローブより、ボールを直接掴む感覚が非常に好まれているとのことです。

確かに、私が昔、使っていたどこかのメーカーのグローブは分厚くボールを掴んだ感覚があまりなく、掴みづらかったですが友人の久保田スラッガーのグローブを使わせてもらったところ、捕球は痛かったですが、ボールと手の距離が近かったのでストレス無く捕球できた印象があります。私の場合は、結局その分厚く堅いグローブを使い続けましたが・・・使えば使い続けるほど味が出てなじんでくるのがグラブの特徴ですが、久保田スラッガーのグラブは、なじませるのにちょっとしたコツがあるんです。

それはまた後ほど紹介しますが、買うまでも楽しめて、買った後も楽しめる久保田スラッガーのグラブは、ほんとにすごいですね。
posted by 久保田スラッガー大好き人 at 00:00 |     〃    の野球道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い系サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。