久保田スラッガーのグラブ型付け

型付けという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

野球用品店などにいくと硬いグラブが多いと思いますが、グラブは使い続けることによってなじんで柔らかくなってきますが買って、なにもせずすぐ使ったけど捕球しにくくて使えないなんて状況に陥りがちです。

型付けとは、新品の固いグラブを、ボールが捕りやすく、手になじみやすい状態にする作業のことをいいます。型付けといっても、いろいろな種類があり、その作業には熟練した技が必要です。素人判断でやると型付けしてもボールが取りにくい型になったり、かえって逆効果になることがあります。

久保田スラッガーのグラブは、型付けの中でも「湯もみ型付け」というものが適しています。それは、久保田スラッガーのグラブは皮にオイルコーティングを施してないためです。湯もみ型付けは字のとおりお湯に入れて型付けをするものなので、オイルコーティングが施されているとオイルがお湯をはじいてしまい、うまくいかないことがあるようです。
そういった点からも久保田スラッガーのグラブの型付けは「湯もみ型付け」が適しているのです。湯もみ型付けは短時間でなじませることの出来る最適な方法でもあります。他の型付けがハンマーで叩いたりオイルをふんだんになじませて強引に柔らかくするのとは違い、革の状況をみながら型付けをしていくという方法は、革を痛めずに、比較的短時間で捕球に適した状態にすることができます。

次の項目からは実際に湯もみ型付けの方法について紹介していきます。
posted by 久保田スラッガー大好き人 at 00:00 |     〃    のグラブ型付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い系サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。