久保田スラッガーの愛用者-プロ野球選手

グラブに最も注力している野球用品メーカーの久保田スラッガーですが
現役選手、OB選手からも絶大な支持を得ていることは周知の事実です。
現役では、阪神タイガース(藤本敦士選手や桜井広大選手、林威助選手など)や広島東洋カープ(松本高明選手、比嘉寿光選手など)、埼玉西武ライオンズ(中島裕之、高山久選手など)、オリックスバッファローズ(後藤光尊選手、濱中治選手や阿部真宏選手など)の多くの現役選手から愛されています。ただこれらの選手もミズノやZETTなど大手野球用品メーカーと契約しているのにもかかわらず、グラブだけは久保田スラッガーを使いたいという思いで、部分的に契約を解消して使用している選手が多数います。

久保田スラッガーは大手メーカーと違い、選手とスポンサー契約をあまりしないので、野球選手は独自に野球商品店と契約して久保田スラッガーの広告塔となっている選手もいるようです。テレビ中継がないキャンプ中などはスポンサーを気にする必要がないので、多くのプロ選手が使用してるようです。あの最強の日本人メジャーリーガーのイチローも新人の頃は久保田スラッガーのグラブを使用していたとのことです。それだけ、久保田スラッガーには魅力があり、プロを満足させるだけの性能をもった商品だということをあらわしています。

中でもWBCで青木宣親選手が使用した久保田スラッガーの型番:KSG-SPT、ウェブW-27を基本としたオーダーグラブはWBC優勝後から注文が殺到しているそうです。
posted by 久保田スラッガー大好き人 at 00:00 |     〃    を愛用する人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い系サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。