久保田スラッガーの愛用者-小中学生

以前の記事で、お子さんに買ってあげるときは型付けをしっかり・・・なんて書きましたが、お父さんが子供のころ使っていたグラブが久保田スラッガーだったという方が結構いるようです。その頃は、型付けとかせず、使って慣らしていったという方が多いようですが、やはり、皆さん、思い出深いグラブとして久保田スラッガーをあげています。

現在の少年野球の現場でも使ってるメーカーがミズノなどの大手メーカーから久保田スラッガーへ移ってきつつあるようです。中には、メンテナンスボックスなるものを野球道具と一緒に持ってきて、試合が終わったらその場で手入れを始める小学生もいるのだとか・・・。実はそこら辺の高校生よりも、きちんと手入れしてるかもしれませんね。子供は素直ですから。

ただ小さい頃から久保田スラッガーを使っている子供は、野球の上達速度が速いのは事実のようです。久保田スラッガー特有の皮の薄さ、捕球感がボールを直に掴んでいる感覚に近いので、捕球する感覚を早く覚えられるのがその理由です。

ただ、捕り方を覚えてない状態だと捕球時に痛みを感じる子もいるようですので、最初のうちは、久保田スラッガー手袋などを装着した状態でグラブを持たせるといいかもしれません。捕球感という意味ではちょっと遠く感じるかもしれませんが、捕り方は、練習によって上達していきます。

きちんと捕れるようになれば、久保田スラッガーのグラブだけでも、痛みも感じず、しっかりボールをホールドできるようになるでしょう。
posted by 久保田スラッガー大好き人 at 00:00 |     〃    を愛用する人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い系サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。