久保田スラッガーの湯もみ型付け-仕上げ・手入れ

「乾燥」そして「スチーム」まで完了すると、もうかなり手になじむグラブになったのではないでしょうか。

最初に逆通ししたレースを元に戻すのも忘れずにしましょう。最後は部分的に微調整をして、グラブオイルをなじませて完成です。こうして最高の捕球スポットのあるグラブができる湯もみ型付けが完了です。

長い工程でしたが、プロ野球選手がグラブを新調したときは必ずこのような作業を用品店にお願いしています。絶対ミスが許されないプロの戦場には、こうした丹念でかつ時間をかけたプロの作業がとても重要なのです。もちろん、プロ野球だけでなく、草野球でも最高のプレイをするためにはこういった最高の道具を持つことが重要です。久保田スラッガーのグラブが人気である所以は、プロのグラブ製作とプロの湯もみ型付けが融合して初めて成し遂げられるものなのです。

さて、グラブを湯もみ型付けしてもらったら、実際にすぐ使える常態になってますが、湯もみ型付けをしたら、いつまでも最高のグラブというわけではありません。

グラブを長持ちさせるにはまず、気持ちが重要です。試合後にローションやクリーナーで念入りに汚れを落としたり、捕球スポットのしわをのばしたり、革がかさついてる部分があればスラッガーオイルなどを使用し、全体的にメンテナンスを怠らないことが必要です。

これらのグラブケア用品ももちろん、久保田スラッガーから出ていますので、グラブを買った際は一緒にメンテナンス商品も買って、日々の手入れを怠らないようにしましょう。
posted by 久保田スラッガー大好き人 at 00:00 |     〃    のグラブ型付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い系サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。